料理の注文が増えるメニューブックで繁盛店にしよう

料理の注文が増えるメニューブックで繁盛店にしよう

料理の魅力を伝える

売り出したいメニューがなかなか注文されない…
お店のおすすめのメニューなのに注文が少ない…
その場合、お客様に料理の魅力がきちんと伝わっていない可能性があります。
お客様がお店に到着して、何を食べようかと考える時に見るものがメニューブックです。
その料理を注文したい、食べてみたいと感じられる見せ方が出来ているかは重要なことです。
おすすめメニューや季節限定の商品にはマークを表示したり、
看板商品は写真を載せる、大きく見せるなどのデザインにしてみましょう。
お客様の中には肉が食べたい、魚が食べたい、ドリンクが飲みたいなど、
明確な目標を持って飲食店に来ている人が多くいます。
そのようなお客様のためにメニューのジャンルを分けて、注文しやすくする工夫も大切です。
また、飲食店によっては肉をメインにしているお店もあります。
そのような場合は、牛、豚などで分けたり、ステーキ、ハンバーグなどでジャンルを分けても良いでしょう。
魅力的なデザインのメニューを見て看板商品が伝われば、
仕入れの量もコントロールすることができ、売りたい料理を売ることができます。
アルバイトを雇った時もすぐにお店の看板メニューを覚えることができ、
教育時間の時短になります。
適切なメニューを作ることはマネジメント的にもプラスに働くことが大きいのです。

繁盛店のメニューブックの特徴は?

おいしそうなうなぎの匂いやジュージューと肉を焼く音など、
人はさまざまな感覚を駆使して、その食べ物がおいしいと感じています。
ですが、一番わかりやすく、効果的なものが視覚情報です。
人は目から得る情報が8割とも言われています。
飲食店のメニューブックに写真が載っていると圧倒的な訴求力でお客様の心を掴むことができます。
文字だけのメニューではイメージがわきにくく注文数も大きく異なってきます。
しかし、写真の与える印象が冷めた料理やぬるいビールではオーダーする前にお客様の興味がなくなってしまいます。

しずる感という言葉をご存知でしょうか。
料理から立ち昇る湯気や冷気、したたるような肉汁、みずみずしい野菜やフルーツなど 食品の味わいを想起させる臨場感のことを指します。
繁盛している飲食店ではしずる感を用いたデザインのメニューブックを使用していることが多くあります。
専門のカメラマンに頼むことで、
ピントがずれたり光源不足でおいしそうに見えないということがありません。
その時期にしか味わえないものは季節感のあるアイテムを一緒に撮影したり、
お皿もメニューの一部としておいしそうに見える角度で撮影したり…
写真は魅力を引き出す最高のスパイスになります。