効果的な学校案内パンフレット作成のポイント

効果的な学校案内パンフレット作成のポイント

自校の強みをアピールしてみよう

学校案内のパンフレットは、ほぼすべての大学や専門学校などが作るでしょう。
それをもとに志望するかどうかを考えることになりますので、パンフレットは重要です。
今は学校案内をインターネット上でも行っていますが、やはりパンフレットもまだまだ主流です。
親子そろって一緒に見て、様々なメリットや特徴をチェックします。
まずは志望してもらわなければいけませんので、当然魅力を伝えるべきでしょう。
そのためには自校にはどんな魅力があるか、どんな特徴があるかをまず洗い出す必要があるはずです。
それを分かりやすく、しかも魅力たっぷりに伝える必要があるでしょう。
パンフレットのみで様々なことを発信するには困難ですが、
他の学校よりも優れている面なども紹介すべきです。
有名教授がいたら強みになりますし、施設や設備が充実していたらそれも強みになるでしょう。
そういった強みをアピールすることも、学校案内のパンフレット作りの際には大事です。
また、ターゲットとなる層を分析して、それに応じたアピール方法を考えるべきでしょう。
そうでないと的外れになり、勿体ないパンフレットに仕上がります。

やっぱり学生生活を紹介するのも重要

学校は学生がいて成り立つものですし、
学生生活が楽しくないと、誰もその学校を志望したいと思いまえん。
ですから学生の紹介やイベント、授業風景などをパンフレット上で案内してください。
「うちの学生になるとこんなにも素敵な学生生活が送れますよ!」と、いった感じで紹介します。
それをうまく表現するのは難しいのですが、
時には在学生の意見も聞きながら学校案内のパンフレットを作ってはいかがでしょう。
学校案内次第で志望者の数が決まると言っても過言ではないので、かなり力を入れて作るべきです。
競合する他校に負けないようなメリットの部分を掲載することも、
奨学金制度や就職先の紹介を掲載することもかなり大事です。
近頃は奨学金制度を利用したい生徒も増えており、就職先についてもシビアにチェックしています。
さらに国家試験の合格率や留学制度、独自のカリキュラムについても掲載しても良いでしょう。
その学校案内パンフレットを見て、
誰もが「入学したい!」と思えるような、素敵なものを作り上げましょう。