旅行先を魅力的に見せるパンフレットのデザインのポイント

旅行先を魅力的に見せるパンフレットのデザインのポイント

パンフレットの出来栄えが旅行客数に影響を及ぼす

インターネットを使用するのが当たり前の時代ですので、紙のパンフレットの重要性に気付きにくいでしょう。
ですが旅行に行こうとしている人が旅先を選ぶ時、紙のパンフレットを見ているケースが多いのです。
これからも紙デザインの重要性がわかります。
実際に各旅行会社は紙デザインにこだわりを持ってパンフレットを作成しており、旅先に相応しいパンフレットに仕上げているのです。
旅行会社が紙デザインをする際に気を付けたいことと言えば、まずはデザイン力が重要でしょう。
いくら良い文言を並べたり写真を掲載していても、デザインが素人レベルでは、見てもらうことすら難しいです。
そして旅行に行きたい人が欲している情報をしっかりと掲載しているかどうかも大切でしょう。
それが得られないと契約に結び付く可能性はガクンと減るでしょう。
掲載すべきポイントは、その地の説明(地理的、歴史的説明など)、有名スポット、旅館や宿の情報です。
さらには近隣都市からのアクセス方法を掲載することを忘れてはいけません。
そしてもしツアーを用意しているのでしたら、そのツアー情報もしっかりと掲載してください。

見知らぬ場所に旅行に行きたくなるような工夫が大事

パンフレットは「どこかに旅行に行きたいな!」と考えている人が見ることが多いです。
旅行先をどこにしようか決めかねているケースも多いので、紙デザインのセンスや掲載内容次第で興味を持たせられるでしょう。
デザインのポイントとしては、その地の名物スポットを表紙の写真にすることです。
青い海が有名スポットの場合はそれを、高層ビル群が自慢の場所のツアーパンフレットならビル群を、といった感じです。
旅行会社ならばどこがおすすめスポットか把握しているはずです。
パンフレットの目立つ位置に、この地に旅行に行くことのメリットや旅行者の感想を掲載するのもひとつの手でしょう。
さらに各ホテルの料金比較コーナー、具体的にどういった観光ができるのかをコース仕立てで紹介するのもおすすめです。
そしてその地に応じた色を使うことも大事です。
若者が好みそうなテーマパークであれば少々派手めな明るい色を、逆に高齢者好みの地だと落ち着いた色が良いでしょう。
パンフレットの第一印象で手に取って見てもらえるかどうかが決まるので、旅行会社は紙デザインの手法にはこだわりましょう。