ワンランク上のヘアカタログを制作して他の美容室と差をつけよう

ワンランク上のヘアカタログを制作して他の美容室と差をつけよう

美容室のヘアカタログに必要なポイント

美容室で髪を切る時、自分のイメージにあうヘアスタイルを探す際に必ずといっていいほどヘアカタログを使用することでしょう。
ヘアカタログは最新の情報が詰め込まれているだけではなく、自分の髪型に合うものを探したり、まったくイメージと違うヘアスタイルに挑戦したり、あらゆる面において役立つ情報だと言えます。
ではそんなヘアカタログの紙デザインで重要なポイントとはどんなところでしょうか。

ヘアカタログのデザインはリアリティが最も重要

ヘアカタログの紙デザインに必要なのはまずリアリティです。
美容室にくるお客様は大抵自分に合う髪型を希望して来店されます。
そこに例えばモデルの髪型や女優のヘアカタログを見せられたとしても「何だか非現実的で自分には似合わないんじゃないかな?」と思ってしまうことでしょう。
また、自分のイメージしている髪型を探す、もしくは新しい髪型を発見するというのがヘアカタログの目的ですから、そこに非現実的な要素はまったく必要ないのです。
つまり必要なことはこの髪型だったら自分にも挑戦できそう、という親近感とリアリティを感じさせる紙デザインであるかどうかということです。

プロのモデルよりも一般女性を使用した写真撮影を

ヘアカタログの場合はモデルさんを使って写真撮影を行ってもいいですが、来店されたお客様にモデルをお願いしてその写真をカタログに使用することも可能です。
むしろ、一般女性がモデルになっている写真の方が親近感わ湧くものですし、自分の雰囲気に近い人がモデルであれば髪型もよりイメージしやすくなってきます。
これがプロのモデルになるとどうしてもフワッとしたイメージになってしまって髪型を選ぶことが難しくなってくるのです。
そのため、ヘアカタログの紙デザインを行う際は一般女性の協力を得て撮影した写真を使ってナチュラルな形に仕上げるとお客様にもダイレクトに情報が伝わるでしょう。