プレミアム感ある限定ブックレットで満足度がアップ

プレミアム感ある限定ブックレットで満足度がアップ

付加価値のあるブックレットで効果的なアピール

プレミアム感を演出するためには、紙デザイン力に気を遣うのは当たり前ですが、販促用のパンフレットではなく、ターゲットを絞ったブックレット(小冊子)を採用するのもおすすめです。
ブックレットは表紙が付いて綴じられているので、パンフレットとは違って豪華本のようなプレミアム感を表現することもできます。
紙質にこだわったり、特殊加工を施すことで、アピールしたい商品やサービスに応じた紙デザインが実現します。
パンフレットは販促用に気軽に配布するための印刷物なので、読み捨てられることもあらかじめおりこみ済みで制作する部分があります。
しかし、購入商品に同梱されたブックレットなどはプレミアム感を強調するので、格段にアピール効果を向上させることができるでしょう。

幅広いターゲットの集客には、大量部数のパンフレットやリーフレットが適していますが、上顧客に対する差別化の意味で、豪華なつくりのブックレットを限定配布することは、商品やサービスの魅力をより高め、ビジネスチャンスを広げます。

限定ブックレットで顧客満足度アップ

ブックレットの付加価値をより高めるためには、部数限定で発行することがポイントです。
それにより一気にプレミアム感を出せますし、注目度もアップすること間違いありません。
マニア色の強い商品の場合、「ご購入者の先着○名様に」「ご契約のかたに」など、限定であることを強調することは、注目を集めることはもちろん、プレミアム感を演出しやすくなります。
人気のあるテーマやアイテム、人物などについてのレアな特典付録としてのブックレットは、それ単体でも高い市場価値がつくことがあるものです。
そんな限定ブックレットの効果をしっかり発揮させるためには、より上質な紙デザインを目指したいもの。
特に高額な商品やお宝的に珍しい企画を宣伝したいとき、数量限定のサービスやイベントをアピールする際には、プレミアム感のある限定ブックレットを制作しましょう。
多くの情報がすぐに手に入る時代だからこそ、「限定モノ」のブックレットは購買意欲をかきたてる効果的なアイテムとして、これからも注目されていくでしょう。