相手に合わせてギフトカタログを作成しよう

相手に合わせてギフトカタログを作成しよう

相手が喜んでくれそうなギフトカタログを選ぼう

お祝いをもらったお返しをする際などに贈るのがギフトカタログです。
何を選んで贈ったら良いのか分からないことも多いので、
ギフトカタログ(パンフレット)が注目されています。
ただ少し前までは全員同じ内容のギフトカタログ(パンフレット)を送っていましたが、
最近は人それぞれ自由に選ぶことができるものも増えてきました。
例えばAさんには料理グッズ系のギフトパンフレットを、
Bさんには雑貨系のギフトパンフレットを…などといった感じでしょう。
こうすることで喜んでもらえる確率も高まり、双方にとって良い結果になるはずです。
今は贈り物関係の市場は大きくなっており、数兆円から10兆円規模とされています。
こんなに大きな市場ですから、こういった魅力的なサービスも次々と生まれてくるでしょう。
ギフトカタログを贈る人がいるので当然受け取る人もいます。
受け取る人は男性・女性・若者・お年寄りである可能性があるわけです。
その年齢層にピッタリのデザインをしたパンフレットを用意すると、
贈られた人も楽しみながらチョイスができます。
デザインというのは非常に重要で、我々が特に気にしていなくても、
深層心理ではとても気にしているケースもあるでしょう。
相手に応じたデザインを考慮するようにしましょう。

お年寄りのギフトカタログは特に見やすくしよう

お年寄りは小さな文字が読みにくいというケースもあるため、
そういった部分にまで気を配ることも必要です。
そして派手すぎるデザインではなく、比較的落ち着いた配色も心がけたいです。
逆に若者の場合は多少は派手でも良いでしょうし、
文字の大きさにもそこまでこだわらなくても良いでしょう。
ユーザビリティという言葉が頻繁に聞かれる時代ですから、
パンフレットも見る人のことを考えるべきなのです。
相手に合わせて選ぶことができないギフトカタログだと、どうしてもみんなに同じものが届けられます。
それだとデザイン的に見にくさを感じてしまったり、興味を持てないなんて事態にもなりかねません。
やはり一番気にする必要があるのは、お年寄りでしょう。
お年寄りが見やすいカタログであれば、ほとんどの人が見やすいと言っても良いでしょう。
ギフトカタログは内容だけでなく、デザイン面についてもしっかりとチェックしてください。